So-net無料ブログ作成
マンション管理 ブログトップ

マンション大規模修繕工事 アベノミクス?に煽られて [マンション管理]

皆さん、お久しぶりです。
昨年の11月依頼の投稿となりますが、日々とても忙しい日々が続いています。
103-0314.jpg
初めてこのブログにこられた方に簡単な自己紹介をさせていただきますが
私の職業は簡単にいうとマンションの大規模修繕等を含めた総合メンテナンスをおこなっている建設会社に勤務しています。
1級建築士、1級建築施工管理技士、マンション管理士他資格を取得し、営業職を担っております。
しかし、昨年の後半くらいから現在、私達の業界ではバブル状態!

理由としては、消費税増税に伴う大量の民間マンションからの工事依頼が殺到しているという現状にほかなません。その根本的な原因は政府の政策。簡単に言うと消費税です。

現状の5%から8%にひきあげられるとの話が巷に出回り、その情報により現在、大規模修繕等の計画段階にあるマンションや数年後に計画しているマンションからの前倒し発注が主たる理由です。
もちろん、世間の皆さんも現在の政権状態を考慮し、8%で収まるかはたまた10%、12%になるかはあてにならないことは十分承知していますから現状の5%のうちにやってしまおうというマンションがまとめて依頼してきているという状況。

1億の工事なら消費税が現状500万から800万、1000万となるわけですから、消費税も大金です。
まったく同じ工事も実施時期によってはもれなく300万、500万アップという価格になるわけですから
支払うほうは大きな負担となるでしょう。

これは、分譲マンションのみならずオーナービル、賃貸マンションについても同様の同条件です。
消費税は法人、個人問わず大きくのしかかります!

そこで問題です。
消費税増税に伴うこの件で本当にあがるのは消費税だけなのでしょうか?
消費税の増税分くらい施工業者にお願いすればもとの5%価格でOKなんて安易に考えてませんか?
実は上記、消費税だけではないんです。

東北の震災復旧のため、主だった職人さんをはじめ作業員がいない!
仕事はいくらでもあるが、施工業者(人)がいないという状況が発生しているのです。

東北の震災復旧は国家をあげての急務事業、施工単価もそこそこ良い。
現在、そういった事情から作業員そのものの単価が高騰しつつあります。

人がいない⇒工事ができない⇒見積もりを高く出す。
この公式が現在、成り立っています。

私達から言わせれば、工事金額を値切ってくる貧乏マンションなんてあいてにしていられない
というのが本音です。

おそらく、少し前までの工事価格より全体的に10%ほど金額上乗せ状態。

つまり、こういった状況+消費税増税があると理解したほうがよいでしょう。

というわけで、私も監督不足により現在、現場常駐。

営業が必要ない!現在,私の営業的な仕事は依頼してきた客先にいかに角をたてずにことわるか!
がおもな職務となっています。

夜うち朝がけで営業していた自分が懐かしい今日この頃ですが、今更3年前に営業していた
マンションから猫なで声で連絡もらっても相手にしねーよ!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

卒業 入学の時期 今、売れ筋のビデオカメラはこれだ⇒現在、売れ筋 №1 ビデオカメラ



nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

利権。マンション大規模改修工事 [マンション管理]

お久しぶりでございます。

仕事がピークに達し、ブログアップどころではなかった今日、この頃。

久しぶりの休みがとれましたのでブログを書いている次第でございます。 

さて、この私のブログで分譲マンションにお住まいの方はどれくらいいるのでしょうか?

このブログはとりあえずコンセプトを定めず、仕事をはじめとして日常の出来事から趣味の領域まで幅広く対応しているためたくさん読んでくださっている反面、皆さん目的がバラバラだと思います。(汗)

釣りが好きでよってくれる人、何となく来てしまった人など様々でしょう。

今日はタイトルどおり!営業マンとしてのお話と皆さんに知っていただきたい現実についてお話します。

私はマンション、主に分譲マンション管理組合をお客様として日々、建築工事業者の営業として走り回っています。

なかでも、私が手がけるメインターゲットはマンションの大規模改修工事です。

240.jpg 

分譲マンションにお住まいの方の大半は意識されていないかも知れませんが、マンションは永久的なものではございません。

定期的にメンテナンスを行い、数十年に一度は大規模なリノベーションを行わなければ維持、管理ができないのです。

これを怠ると、マンションの老朽化が早まり、突然の漏水やアクシデントに悩まされるハメになります。 

強いて言うならば、こういった事をするという計画を意識していなければ、マンションの資金計画もままならない状態となりボロボロになった小汚いマンションに住み続けなければならないことにもなります。

皆さん、管理会社に任せっぱなしでいいですか?

管理会社はきちんと管理やアドバイスをしてくれていますか?

この私の問いかけにほとんどの人は、良いとも悪いとも言えないのではないのでしょうか。

何故なら、そこまでマンションの事に感心がなく、自分のマンションの積み立て金がいくらあるのか?マンション管理会社へ年間いくら払って、どんなことをしているのか、またどんなお金の使われ方をしているのか?わからない・・・いえ、わかろうとしない人が大半だからです。

分譲マンションをはじめとする集合住宅デの対応はまさに、現代社会の日本と良くにています。

一部の既得権益層が存在し、血と汗の結晶であるお金で私服を肥やしている。バカな国民はそのことにも気づかず、いえ気付こうとも意識せず他人ごとのようにヘラヘラして生活をしている、まさに日本そのものだと思います。 

分譲マンションにはマンション管理組合というものが存在し、分譲マンションの区分所有者である皆さんは必然的に管理組合員となるのですが、そういったことも何十年とマンションに住んでいながら知らない人がいるという驚愕の事実。

総会へは一度も出席したことがない。

誰かがやってくれるだろう。こんな人が多いマンションは要注意です。

よくあることですが、マンション管理組合においては毎年、もしくは定期的に役員がかわります。

最高責任者を管理組合理事長と言いますが、大半の方はくじ引きで負けた、順番がまわったきたから仕方なくすることになった。・・・・そんな方が多いと思います。

私達、分譲マンションに携わる者は何を成すにもこのマンション最高権力者である、管理組合理事長を攻略しなければ何も話が前に進みません。いうなれば、管理組合理事長とは企業でいうところの社長にあたります。

そんな最高責任を負っている理事長ですが、前記のごとく仕組みも責任もわからないまま役員をしているものですから、私達の問いかけにトンチンカンな回答をする人もいます。

”私では判断できないので管理会社へ言ってくれ、もしくは管理会社の許可なしでは回答できない。”などなど。

そもそも管理会社とは、マンション管理組合が管理委託契約を交わし、管理をさせているに過ぎないことを理解していない。

 こんなマンションが大半だ。

まさにフォアグラ状態。

簡単に説明すれば皆さんの毎月の稼ぎからマンション管理費とういう名目でせっせと積み立てを行い、管理会社や我々のような業者がそれらをいただくという仕組みだが、悪質な管理会社やつき合う業者の選択を間違えると皆さんの給料は減る一方です。

要はお金の使い方と使い道ですが、意識せず毎月の支払いをしていても突然積み立て金の値上げなどという状況にもなってしまいますし、毎月の支払いが2倍、3倍になろうと私達は何も苦しまないし痛くも痒くもないってことです。

結果、管理費が支払えなくなり競売にかかりマンションを手放す方も多く見てきました。

最後に一言。

皆さんの住んでいるマンションの運営は皆さん一人一人が意識し、財産を守ること!これだけは肝に命じて生活してください。

隙をみせれば私も皆さんのお金をしゃぶりつくしまっせ! 

 

 


マンション管理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。