So-net無料ブログ作成

アオリイカ!なんだこりゃ~② [釣り]

前回の続き

たった1本のヤエンを無くしてしまったのだが、イカ反応があったからにはどうにも納まりがつかない。

無い頭と知恵を絞りいろいろ考えてみる。

生憎、今回はエギングタックルも何も持ってきていない。

隣で釣っている人にヤエン持ってないですか?とか・・・・

いやいや、思いっきり隣の人は浮き釣りじゃないか・・とか

と思っているとふとひらめいた・・・・

車で5キロ程走れば開いている可能性のある釣具屋を思い出した。

どっちにしろヤエンがなければ釣りも継続できないという状況もあり、竿を収めて釣具屋に急行する。

しばらく走った頃、釣具屋に明かりがついているのを確認、到着後ヤエンを探す。

いつも愛用している ヤマシタのヤエンLとMを2本購入し、釣り場へ戻った。

釣り場でアジを結んで海へ投下、釣り再開である。

しかしながら海の時間(潮汐)やタイミングは微妙であった。

先ほどと同じポイントだがウンともなければスンともない。

イカの反応 0状況だ。

場所がえしてみるも反応なし。

しばらく経ってから待望のあたり!

チキ・・・チキチキとドラグが鳴きだした。

すかさず、竿を手に取り感触を確かめる。

何かがきているのは間違いないのだが、アオリのあたりではない、奇妙な感じだ。

足元までよせてからヤエンを投下!

見事にフッキング、重さもあるし、引きもある。しかし何かが違う。

足元までよせてライトを当てるが姿が特定できない。

とりあえず、タモですくってみる。

あがってきたのはコイツです ↓

写真.jpg

海ヘビである。

皆さん、ご存知か?

ウミヘビと一言で言っても、爬虫類のヤツと魚類のヤツが存在する。

こいつはダイナンウミヘビという魚類に分類されるウミヘビである。

ラインはぐちゃぐちゃ、ヤエンも見事にひん曲がりぐちゃぐちゃ、魚体はヌメヌメ。

魚体を解こうとするとアナコンダのようにグイグイ絞めあげるのである。どうしたものか?

まず、巻きついたラインを全てハサミで切り、解体していく。

ようやく、ラインとヤエン、アジと魚体を分類できるようになったが、15分ほどかかったのではないだろうか。

解体後、ウミヘビはテトラの上をうねって下に逃げていったがたぶん死んでいるだろう。

とんだ外道である。

手にヌルヌルの粘膜がついていたため、写真撮影どころではなかった。

このあと仕掛けを整え、再度 釣りを再開するが全くあたりなし。

このときの釣果はこれのみであった。

あ~まじブルーっ!










アオリイカ!なんだこりゃ~ [釣り]

季節物、アオリイカの釣果がちらほらきこえてきた!

しかしながら、まだまだ接岸している場所も限られ、どこでも釣れるとは限らない。

エギング!・・・といきたいところであるがここはやはりヤエンで勝負だ。

ヤエン=アオリイカのイメージが大きいがコウイカも多いこの時期、ヤエンでゲットできるターゲットはアオリイカだけではない。

ヤエン

私が過去に釣ったものは

タコ、コウイカ、カミナリイカ、ヤリイカ、ヒラメ、スズキなどがある。

当然であるが、ヒラメやスズキはスレがかりである。

家を出たのが夜9時過ぎ、日頃から釣具のメンテナンスなどしない私であるがふと気になったことがある。

ヤエンあったかな?

確認するとなんと1本しかないではないか!

もちろん、全くロストせず2,3キロのアオリを数杯ゲットできることもあるが、今から向かう釣り場は魚影は濃いが岩礁帯も多くやっかいなポイントである。

1本では心もとない。

早速、近くの釣具屋にヤエン調達に向かう。

ヤエンは1本650円くらい~2,000円以上までいろいろあるが、この店の最安値は672円であった。

時間帯も考えたが実は同商品がライバル点で480円であった。

ヤエンなんて消耗品である。

同じ商品なら安いほうが良いと貧乏根性をだしてその店をあとにする。

車で15分ほど走るとライバル店へ到着。 

閉店! 。。

終わった・・・

実はこのライバル店の閉店時間は9時だったのだ。

ゴールデンウィークだからと何の根拠もなく、調べもせず出たとこ勝負でここへ向かった浅はかさを今更悔いてもしょうがない。

しかし、今から前の見せに戻っても閉店ギリギリで間に合うかどうかといったところであった。

エサは既にクーラーに入ってる。

決断するより他にない。

ちなみに私はアジをスーパーで調達する。

釣り人にあるまじき行為だと言われそうだが、元来、エサ釣りなどしない私にとってサビキでアジを釣り、そのアジでヤエンをするという習慣などない。

むしろ、スーパーのアジのほうが脂ものっておりアオリの食いが良いのである。

無謀なヤエン1本勝負開始である。

釣り場についてアジをぶん投げたあとドラグをフリーにし、タバコをふかしながら竿先に集中する。

開始から2,3分たったころ・・・

チキ・・チキチキ・・とゆっくりドラグが音をたてラインがでていく。

少しラインをまくとジーと勢い良く沖にアジをもっていく。

これは、まさしく大型アオリのエンペラの推進力だ。

しばらくやりとりしたあと、いよいよヤエン投入。

さお先を天に向かって思い切り突き上げ微妙にシェイクする。

アオリに到達したころゆっくりとフッキング。

グッ、ググ~!

かかった!すごい絞込みである。

よっしゃー!と思った瞬間、ラインテンションがなくなり軽くなる。

・・・・・・・・・・・

まさかのラインブレイクだった。

ラインに傷がはいっていたのだろう。

当然のことながらアオリはもとよりヤエンもロストしたのである。

開始より5分程度、いきなり終わってしまった。

皆さん、釣りにいく際は道具の確認とメンテナンスは絶対怠らないようにしましょう!

このあと、釣り継続となるか否か?

といいつつ、次回へ続く。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。