So-net無料ブログ作成

ショックだぜ!f<バッタ売り> [オークション]

本日は晴天なり。

福岡県では本日、最高気温27℃をマークした。

大分では30℃を越したんだってさ。

昨今の異常気象と春を告げる菜の花のミスマッチがこのうえない。

CIMG2987.JPG

話は変わるが、先日釣具を整理していて使わない竿が多々あったので売ることにした。

トローリングロッドが2本、ジギングロッドが1本、シーバスロッドが1本、磯竿が2本の計6本である。

本来ならヤフオクで売るところだが、長尺物は梱包に手間がかかる。

過去、某メーカーのバスロッドが新品価格の3倍の値段で売れたこともあった。

ルアー1個が10万円で売れたこともある。

出品する側には不要でも、欲しい人には宝物。

それこそがオークションの醍醐味である。

かれこれ16年くらい前からヤフオクIDを取得し、こうした不要な宝物を多々売ってきたのだが、最近は女房がもっぱら落札専門で利用する程度でしばらく出品していなかった。

昨今、ヤフオクは国民にとってメジャーな存在となり、転売という手法で生計をたてている人もいる。

そんな中、ヤフオクというシステムを利用し、悪いことをする輩や詐欺が横行していた時期があった。

今でも0ではないはずだが。

久々に出品しようとすると10年前よりもかなり利用についてのルールがかわっており、落札手数料をとるだのなんだの、出品数に制限があるだのずいぶんと様がわりしている。

実は最近、2点ほど出品した。

商品はあえて控えさせていただくが、1品目は何故かなんの前ぶれも警告もなしに出品制限がかかり、入札者が多数いたにもかかわらず、オークションを中断させられ拘束された。

理由をたずねてもヤフー側はいかにもアルバイトが対応していると思われる、定型文をよこすのみで何の回答にもなっていない。

ガイドラインを何度も読みなおすがオークションルールに違反をしているところはないはずだ。

ヤフーに何度も嘆願し、理由もわからないままなんとか出品制限を解除してもらったのだが、プレミアム会員として毎月、上納金を納めているにも関わらず、理由も述べずこの傍若無人な振る舞いと仕打ちには我慢ならない。

ってなことで釣具はヤフオクで売らず、中古釣具店〇〇べりーへ持ち込むことにした。

トローリングロッドは実は私が買ったものではない。

ワンピースで折りたたみの利かないこの剛竿は兄がくれた(おしつけられた)ものである。

邪魔だったのだろう。

ジギングロッドとしては重すぎるし、ライギョロッドとしては重い割には頼りなくキャスティング向きではない。

だからといってショアジギングやシーバス、メバルなどには不相応な代物である。

しかも、ガイドはスチール製で若干錆びており、SICでもなければゴールドサーメットでもない。

ガイドをつけかえてリメイクすれば立派な竿にはなるだろうが、私にはこの竿を使うフィールドが思いつかない。

邪魔だ。邪魔すぎる。

⇒こんなにいいものではないが・・・

まぁ、捨てるにも面倒くさそうだし少しでも金になればいいどろう程度のノリでロッドを売りに行く。

さぁ、待望のプライスは、、

トローリングロッドその1・・・・・500円
トローリングロッドその2・・・・・100円
ジギングロッド・・・・・・・・・・・・3,300円
シーバスロッド・・・・・・・・・・・・800円
磯竿その1・・・・・・・・・・・・・・1,400円
磯竿その2・・・・・・・・・・・・・・査定なし0円

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,100円

なんだとぉ~!

トローリングロッドは覚悟の上だが、その他の竿はいずれも購入時、数万円の竿であった。

使い倒していることもあり傷があったことも事実だが・・・にしても安すぎではないか?

物事はタイミングが大事である。

現在、製造中止になっている竿ばかりだが人気がある時期に売り飛ばしていればそこそこのお金になっただろう。全く使っていなくても時が過ぎれば価値はなくなると実感した次第である。(プレミアがつくものもあるが・・・)

皆さんも気をつけましょう。

いらないと判断したら即、売り飛ばす。

価値があがりそうなら我慢、我慢。

これ鉄則なり。


ゴルフって面白い? [ゴルフ]

人には性分というものがある。

趣味として、釣りやダイビング、スノボ・スキーなどやるが趣味と言うには疑問が残るのがゴルフである。

営業職という手前、半ば会社から強要されてはじめたこのゴルフはいまだ好きになれない。

写真.jpg

今月に至っては4回も客先のコンペやらなんやらに参加しなければならず憂鬱な気分だ。

ゴルフ=”紳士のスポーツ”と言われるが大体からして私は紳士ではない。

むしろ、下衆な悪党に近い分類に属する(苦笑)

好きこそ物の上手なれと言う言葉があるが、好きではないし、もちろん上手でもない。

時折、コースを回っているときに白い玉を追いかけて何やっているんだ?とふと正気に戻ることがある。

朝,早いのも苦手だし、人にあわせて行動することがもっと嫌だ。

仕事と割り切れば仕方ないことなのかもしれないが、趣味としてはごめんである。

子供のころから野原は駆け回っていたので今更、野山を駆け回るのもごめんである。

社内においてもゴルフコンペ参加=遊びにいく=遊んで給料をもらう 。的なイメージをもたれ迷惑極まりないのである。

釣りでコンペや接待などあれば進んで行きたいと思うがそんなものはほとんどなく、大半がゴルフとなる。

これからゴルフを始める方へ警告する。

始めたら最後、まわりがやめさせてくれないので注意しましょう!

ってこんな趣味あるか~

人気のゴルフクラブランキング











nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東大・京大世も末か・・・。 [日記]

4月。新入社員を迎える季節である。

今年の新入社員は全員が国立大学出身のエリート候補生ばかりだ。

なかには東京大学、京都大学も含まれている。

一言言っておこう。

君達に未来はない!

面接した手前、こんなこと言ってはなんだが、我が社はブラック企業だ。

面接の時点でそのにおいをかぎわけられなかった自分達を恨むがいい(苦笑)

頭はいいかもしれないが、世の中渡るには嗅覚が必要だ。

そして、その選択肢は間違っている。

言っておくが、当社は一部上場企業でもなければ大企業でもない。

わけのわからんオーナー社長の独裁中小企業だ。

いくら就職難と言えど、当社に面接にきた時点でお前達の値踏みは終わっている。

オタクみたいな東大生、ちょっと世間の常識からずれている京大生。

社長が学歴につられ目の色をかえなければお前たちなど採用はしない。

いずれにしても泥をかぶったダイヤの原石をメッキのはげかけたくず鉄が指導するわけだ(俺)。

お前達が光り輝くことはないと思うぞ。

本日のカリキュラムはいい昼寝場所の見つけ方である。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。